下位の時間足の戦略をたてるのは上位を見るのが重要かと思いますのでお休みの今のうちに一度冷静に見直そうと思います。

ドル円は元々三角持ち合いで110.65付近を頂点に目指していました。そこから8月に明確に下抜けして方向が変わったと想定すると基本は下降と考えています。現在地は想定されるふり幅の真ん中付近。どちらにも行くことが考えられますが上は紫のラインを上辺として考え下の時間足の戦略を立てたいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください