台風が近づいてきていますね。千葉なのでまた数日水と電気が止まるのでは、というか今度こそ瓦が外れるだけじゃなく壊れるのでは?とびくびくて相場どころではない心境です。

ぶっちゃけ屋根なんか吹っ飛んだら数百万・・・

さて昨日のゴールドの動きです。

結構、上下に動いたような雰囲気ですが今年の日足全体から見るとレンジかつ調整中の位置であり、激しく動いてはないですね。自己資金の範囲を超えそうな人は明らかに資金のかけ方が間違っているので見直しましょう。せめてチャートで見て一番長そうな足の幅分マイナスになっても平気なコストにしないとただのギャンブルになってしまいます。

少し拡大しましょう。日足からみて昨日の復習です。1週間とちょっと前くらいからレンジが狭くなっておりその範囲内で上下しています。

その前日が始値と終値がほぼ同じであり小さく動いただけでした。そして昨日はその調整を終えて一度上に動こうとした後、+1σにタッチしたくらいで戻して、-1σに届かないあたりで終わっています。

冷静に考えてみましょう。日足で±1σの範囲です。

ボリンジャーバンドで±1σというのは全体の68%が収まる範囲なので逆にトレンドがなく動いていない状態です。危険なのはそのラインを超えてトレンドが出る場合です。そのため、このあとレンジを抜けて動くタイミングをみて利益を取りに行くのが本筋だと思います。逆にいかないように初動をチェックしていきたいと思います。

ついでに昨日の1時間足・・・まぁ拡大するとすごく動いたんじゃとか思ってしまいますね。確かに時間足を狭めてレバレッジをかければ動いた相場に見えます。

あくまで見ている時間足とその取引時間とコストに注意しましょう。

短時間の足、かつその時間足用のレバレッジで、ずるずると長時間ポジションをもつのがコストオーバーになるパターンですので、時間足に対してポジションを持つ期間を決めるのが初めのうち損失を少なくする簡単な方法だと思います。

さてその他もそれほど大きく動いていませんが、日経225はどうでしょう。

淡々と推移しています。波の下からチェックしているので一旦上に振った後、今日以降は少し戻る感じでしょう。ここからはレンジで調整に入りそうですのでしばらく推移を見つつ、ポジションと逆のトレンドが発生しないか注視していきたいと思います。

次にヒーティングオイルです。

こちらも順調に上がりました。「ました」というのはそろそろ買われ過ぎになるため、一度調整期間が入ると考えるからです。ここで利確してもよいし、 下落トレンド にならなければ次に下上と振るのをみて上の局面で利確かなと想定しています。あまりレバレッジはかけてないため個人的には後者で勉強がてらやってみようかなと考えています。

最後にユーロドルですね。

ユーロは高値のラインを超えましたね。ユーロ圏自体が問題を抱えているため今月の英国騒ぎが終息するまでは少なくとも一気に上昇しないと考えていますが、念のため適時利確して修正の戻り売りを短期で仕掛けてます。※30分足の波の上で売って、売られ過ぎのラインで買いを入れている感じです。

ここからはおそらく調整が入って次のトレンドかなと思いますので、タイミング的には週末にトレンドを持ち越さないような方針でいきます。

本日は調整の動きを様子見するものが多いですが、動き出したら一気なので慎重にいきましょう。

それでは本日もよいトレードを!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください