おはようございます。寒くなってきましたね。

天気も引き続き崩れ気味ですし、お互い体調には気を付けてまいりましょう~

さて早速ではございますがまずはドル円について予測と経過を確認しましょう。

若干上げる可能性があり、そのあと落ちそうという想定をしていましたが、今のところその若干の余力での上昇をしているように見受けられます。引き続き売られ過ぎが続くため注視する必要がありそうです。

トレードのポイントとしては足が一番短くなるタイミング=ボリンジャーが狭まって調整に入った状態に仕掛ける方向を確認してその直後の波に乗るのが定石なので引き続き見ていきたいですね。なんとなくもうちょい上がって短い横ばいののち動き出しそうではありますが。

次はついでというかポンドです。

まずはこちらポンドルのシーズナルです。見かたとして価格の上下の動きを見る感じで上昇の幅などはあまり見ないほうがよいかなと思います。10月は乱高下を繰り返す傾向があり、現段階でブレグジット等の材料も多いという実情を反映してか同じように大きく動いています。

注意したいのは大きな乱高下ですね。逆方向に捕まると逃げられなくなりそうな怖さがあります。入れるときは必ずロスカットを入れてから入りたいと思います。

こちらはポン円。前回高値チョイ下で調整していましたが一気に抜けてきました。

短期的には上昇に入っていると思います。素直に考えるとここから若干下がり気味の横ばいで調整。再度上値を試すという動きになりそうですが前述のシーズナルとドル円の動向によっては一気に下げる可能性があるため下位の足の値幅や終値をみて次の足の動き出しの動向に注意していきたいと思います。

最後にゴールドです。

日足は想定通りで大きく動いていません。今のところは緩やかな下落のままの状態で転換まではいっていない認識です。ただいつ上抜けするかという状況でもあるためトレンドの上限付近では確実に終値で確認したのちについていこうと思います。

一日の動きです。思ったより弱かったですね。

バンドが一番狭まったところで一度上値を仕掛けていますが、買われ過ぎに近かったこともあり、すぐに止まりそのあと下げています。トレードとしてはちょうど見ていたタイミングなので上と下でとれましたが、もう一段階くらい調整で上げてからとみていたのでそこは思いこまないようにきっちり終値で確認するよう注意したいと思います。

今日はボリンジャーの幅も中途半端なものが多く日本時間は特に動く可能性が低いと考えています。引き続きウォッチしつつ夜に備えるようにしていきます。

気をつけたいのはドル円ひいてはクロス円の動向、および放置で身を任せているS&P500とやたらと強い日経225ですね。小麦、大豆辺りはちょっと手が出せなそうなので様子見です。

それでは本日もよろしくお願いします!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください