こんばんはっ どずです。

金曜はドタバタしてノートレ状態でした。その代わり週末の時間を使って過去チャートを見直したり、書籍を読んだりと有意義な時間は過ごせたかなぁと感じています。

感じたことは自分に向いたトレードスタイルについて。私はおそらくデイトレやスキャルよりスイングのほうが利益を伸ばせるのではないかということと、実数字を見てもそれを裏付ける内容だったため、やはりメインはスイングでやろうという結論でした。

ポイントはいくつかありますが

1.時間と値幅

 こちらは当然ですが時間が伸びるほど値幅は増える傾向(=小さなポジションで大きな幅を狙う)があります。また リスクという面でトレンドの転換点でドテン等を狙う際にも判断の時間に余裕があります。特に顕著なのが強いトレンドの際の見定めですね。

2.ハイリスク

 デイトレという小さなpipsで利益を上げる方法は当然大きなレバレッジが必要です。これは全資産に対して常に大きなリスクをかけることとイコールであり、言い換えれば失敗できる回数が減ること、また失敗するたびに掛け金が大幅減り取り戻すためにまた大きくかけるというギャンブルにしかならないためです。

3.トレンド判断の成功率

 30分足などで対応すると短時間の間に多くの判断を求められます。これは騙しにあう確立が増えやすいこと、突発的な要人発言での影響されやすくなることで損切りの回数が増えることが挙げられます。 上位の時間足にすることでこれを軽減しつつ、減らしたレバレッジで少しの発言くらいは損切りの許容範囲に収めることもできるようになるメリットも考えられます。可能な限り損切りを食らうような無駄なトレードを減らして、一つ一つを大きな値幅でとることが理想ですので、自分自身が余裕のある時間足を見定めその範囲で行うのがよいと思います。

もちろんプロの方々であれば5分足なども可能でしょう。あくまで初めて3か月程度の私ではこのレベルでの判断でないと利益を上げ続けることは難しいということです。

さてFX関連です。

現段階でユーロ、ポンド、豪ドルあたりは途中から入るには判断が難しいです。

もちろんトレンド的には見えていますがいずれも少し経っており私としては月曜日以降の動きをみて入りたいと思います。

またドル円ですが、基本的には買いになっていく認識です。

現在絶賛調整中なこともあり押し目買い狙いがよいと思います。直近の高値(水曜)にストップをおいてショートもありますがリスクととれる値幅を考慮すると下がって切り上がった段階でLONGでよいと思います。

次に日経ですが気持ち悪いほど強いですね。

買われ過ぎになっていることもあり、そろそろ一旦調整が入るでしょう。

日足では上昇トレンドが継続されており、大幅に下落しなければ押し目買いのチャンスと考えています。大体月末くらいにTbondが下がる傾向があるため、月初あたりで押し目買いチャンスだと想定しています。

最後にGold先物です。まぁXAUUSDも同じような動きですが・・・

下落トレンドですが、よく見ると三角持ち合い入ってますね。ちょうどライン的には月末きっちりですが・・・シーズナルを思い出してみましょう。

近い動きをしています。ゴールドはここで調整後、上がると読みます。

・・・読んでばかりでもいけないので日々の足を追いつつ月末の下がり切った転換点が来た場合はLongをします。

短期的なトレードとしては黄色の矢印のように反発で短期Longや下落の戻り売りもありかなと思いますがこちらはうまくいきそうな時だけですね。

それでは今週も張り切ってまいりましょう!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください